青葉賞を深読み

サンデー系が8勝と他を圧倒
極端な紛れは少ない東京芝2400m。
そういうコースでは総合能力に長けたSS系の
独壇場となる。
過去10年の勝ち馬の父はSS系がサンデーサイレンスの
直仔3勝も含めて計8勝と他を圧倒。
残り2勝はロベルト系のシンボリクリスエズと
タニノギムレット。
遡ればヘイルトゥリーズンに辿り着く同系統だ。
直近3年の勝ち馬はいずれもSS系XND系。
11、12年は1~3着すべてがこの配合。
今の日本競馬のクラシックディスタンスの王道配合だ。
しかし13年2着のアポロソニックはノーザンダンサーは
濃い近親配合。
SS系全盛の中でもNDの血は主張している。
基本はSS系XND系またはSS系×口ベルト系の
先端配合産駒によるレースだ。
世界の超一流GIである英ダービー、凱旋門賞、
キングジョージは2400mのクラシックディスタンス。
2400mの一流レースを勝つには、タフな底力は
無論だが、マイルや10ハロンでも勝てるだけの
スピードが重要。
2200mや2500mの非根幹距離に実績のある馬より
1600mと2000mに勝ち鞍のある馬を狙う。
1~3番人気で勝率8割。
アタマは人気3頭でほぼ大丈夫という数字だが、
例外が13年ヒラボクディープ(7番人気)
と11年ウインバリアシオン(6番人気)と、
直近に出ていることが少し気になる。
いずれにしろ1着が3番人気以内で収まっても
2、3着には人気薄が入ることもあり、
3連単配当はむしろ高配当が多い。
13年が約43万円、11年が7万円超と、1着が
人気薄だったケースは納得も、12年は1着1番
人気で約19万円。
07、08年は2、3番人気1着で約6万円。
07年は3番人気1着で約60万円と、3連単目線では
十分に荒れるレースと言える。
その高配当のレースで2、3着にどんな馬が来ているか
を見ると12年は10番人気(前走500万下1着)と
13番人気(前走500万下4着)。
データを見ても500万下組の激走がポイントとなる
ケースが多い12年10番人気2着のエタンダール。
前6走のうち5走で上3Fが3着以内。
そしてここが東京競馬場の初走。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です