アイビスサマーダッシュを深読み

父サンデー系は思い切って消し!
サンデー系がとにかく弱い。
過去10年で父サンデー系の勝利は無く、
母父サンデー系も昨年のパドトロワが初。
前はスピードの持続力とパワーに溢れる
ノーザンダンサー系が主流だったが、
近年は傾向が変わって来ている。
06年から施行時期が1ヶ月早まり、
荒れた芝から綺麗な芝でレースが
行われるようになり、
パワーがなくともスピードで
押し切れるようになった。
特に優れたスピードを持つミスプロ系の
血を持つ馬が昨年まで6連勝中だ。
サクラバクシンオー産駒はカノヤザクラが
連覇しており牝馬なら狙い目。
ファルブラヴ産駒はエーシンヴァーゴウが
2年連続、昨年はフォーエバーマークが2着に
来ており爆注種牡馬だ。
4コーナー奥からスタートし、そのまま
まっすぐににゴールを目指していく独特の
コース。
1000mはスプリント戦とはいえ、根幹距離の
1200mとは異質の適性が求められる。
そのため1200mの実績があっでも、1000mで
実力を発揮できない馬は多く、逆に1200mの
実績がなくても1000mのスペシャリストも
存在する。
「外枠有利、牝馬が優勢」はもはや直線1000mの
常識。
05~11年まで7年連続で牝馬が勝利。
12年は2着だけだが、昨年は2着、3着が
牝馬なので、まずは牝馬に注目すべし。
また過去10年で7枠、8枠が来なかったのは
2回だけ。
12年は8枠-8枠の枠連ソロ目。
近年は1着、3着が7枠たった。
オープン実績は不可欠で連対馬20頭中、
11頭が芝1200m以下のオープンで勝利、
4頭は芝1200m以下のオープンで2着経験があり、
全くオープン実績のない馬は3頭だけだった。
「7枠、8枠」「牝馬」「ミスプロ系」
「ファルブラヴ産駒」「サンデー系は消し」
が最重要ポイント。
逃げが【4・3・1】、
先行が【2・3・5】で
逃げ。
先行タイプが圧倒的に有利なレース。
しかし人気薄で激走するのは差し、追い込み型。
人気馬は先行、人気薄は差しを狙ってみよう。
過去1O年で6番人気以下で馬券になつた馬は11頭。
これら爆穴馬の共通項は「1枠、2枠」「7枠、8枠」
の極端な枠順、脚質は「差し、追い込み」
「短距離オ―プン2勝の実績がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です