スプリンターズSを深読み

軽快なサンデー系では勝てない
過去10年の良馬場開催の8回の勝ち馬の7頭の
父か母父がノーザンダンサー系。
残る1頭は当時世界最強スプリンターとして
君臨していたサイレントウィットネス。
中山1200mのりーディングサイアーは
サクラバクシンオーだが、究極のスピードを
競うスプリンターズSにおいては
【0・0・1・18】
と3着1回のみ。
サクラバクシンオー産駒というだけで
消しでOK。
また父サンデーサイレンス系も全く好走出来ず、
サンデー直仔のデュランダルが勝って以来、
サンデーの孫はフジキセキ産駒の外国産馬
キンサシャノキセキ1頭だけ。
サンデー直仔を除けば【0・0・0・22】
なのでサンデー系も消しでOK。
1200mは根幹距離の中で最も短い距離で
究極のスピードを競うスプリントレース。
1000mや1400mでいくら好走歴があっても
1200mに良績のない馬は来ない。
1200mで3勝しているか、1200mの複勝率が
67%以上の実績が必要となる。
サンカルロは1400mの重賞を3勝しているが
1200mに勝ち鞍はない。
究極のスピードを競う頂点のレースなので、
リピーターが多い。
デュランダルは3回、アドマイヤマックスは2回、
キンシャサノキセキは2回、
ビーピーガルダンは2回、カレンチャンは2回。
そしてスプリンターのロードカナロアは
連覇している。
直近でに馬券になった馬は例外なく買う。
牝馬の連対はビリーヴ、アストンマーチャン、
サンアディユ、スリープレスナイト、
カレンチャンで全て3番人気以内。
人気の牝馬は必ず買うべし。
サクラバクシンオー産駒と父サンデー系は
人気に関わらず、全消しでOK。
昨年15番人気で3着に来たマヤノリュウジンは
ND系キングヘイロー産駒。
キングヘイロー産駒はローレルゲレイロが
勝っている。
馬券になった馬と同じ父か母父がいたら
人気薄でもオサエる。
前走で人気を裏切って凡走した馬が巻き
返す例(ドリームバレンチノ、サンカルロ、
カノヤザクラ)、同年に懲勝記録のある例
(マヤノリュウジン、ドリームバレンチノ、
エーシンヴァーゴウ、パドトロワ)があり、
当てはまる馬は人気簿でも買い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です