大阪杯を深読み

総合能力の高いサンデー系の独壇場
種牡馬の系統に偏りが見られる。過去10年の勝ち馬の種牡馬は、
SS系のサンデーサイレンス、マンハッタンカフエ、ステイゴールドが各2勝。
ノーザンダンサー系オペラハウスも2勝。残りはSS系アグネスタキオンと
トニービン産駒ミラクルアドマイヤが各1勝。計7勝とここでもSS系が中心。
05年は出走馬9頭中5頭がサンデーサイレンス産駒で、
その5頭で掲示板を独占した。この年を境にSS系が激増。
08年あたりから母父にも増えていき現在に至っている。
阪神の内回り2000mは、直線の長い外回り1800mに比べ、
瞬発力勝負にはなりにくい。3コーナー手前からゴールまで長くいい
脚を使えるかがポイントとなる。
総合能力の高いSS系はここでも本領発揮。
根幹距離の10ハロン(2000m)を勝つには、根幹距離であるマイル
(1600m)でも通じるスピードとクラシックディスタンスの
2400mを走り切るタフな底力が要求される。
距離別成績を見てマイルや10ハロンに実績のある馬を狙う。
勝ち鞍が1800mや2200mなど非根幹距離に偏ってる馬は
思い切って狙いを下げる。

1番人気が過去10年で6勝。3着を外したのも1頭だけ。
その唯一信頼を裏切ったのが06年ローゼンクロイツ。
菊花賞3着、中京記念2着と来たここで1番人気5着。
3歳時は毎日杯の1勝のみで皐月賞9着、ダービー8着。
善戦しても勝ちきれないタイプだった。そんな例外もあるが、
1番人気は勝率6割、複勝率9割と高確率で信頼度は高い。
ローテーションは各馬様々だから次走も含めた判断が必要。
不思議と前走1着でここも勝って連勝という馬は皆無。
また次走は天皇賞・春へ向かうのが王道で、
以前は好成績を残した馬の多くが実践していた。
しかし近年は3200mという本格的な長距離戦を避けて、
海外遠征、間隔を空けて安田記念や宝塚記念へ向かう馬も
出てきている。
いずれにしろGI級の馬が集うここで大波乱が起きるケースは少ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です