大阪杯を深読み

総合能力の高いサンデー系の独壇場
種牡馬の系統に偏りが見られる。過去10年の勝ち馬の種牡馬は、
SS系のサンデーサイレンス、マンハッタンカフエ、ステイゴールドが各2勝。
ノーザンダンサー系オペラハウスも2勝。残りはSS系アグネスタキオンと
トニービン産駒ミラクルアドマイヤが各1勝。計7勝とここでもSS系が中心。
05年は出走馬9頭中5頭がサンデーサイレンス産駒で、
その5頭で掲示板を独占した。この年を境にSS系が激増。
08年あたりから母父にも増えていき現在に至っている。
阪神の内回り2000mは、直線の長い外回り1800mに比べ、
瞬発力勝負にはなりにくい。3コーナー手前からゴールまで長くいい
脚を使えるかがポイントとなる。
総合能力の高いSS系はここでも本領発揮。
根幹距離の10ハロン(2000m)を勝つには、根幹距離であるマイル
(1600m)でも通じるスピードとクラシックディスタンスの
2400mを走り切るタフな底力が要求される。
距離別成績を見てマイルや10ハロンに実績のある馬を狙う。
勝ち鞍が1800mや2200mなど非根幹距離に偏ってる馬は
思い切って狙いを下げる。

1番人気が過去10年で6勝。3着を外したのも1頭だけ。
その唯一信頼を裏切ったのが06年ローゼンクロイツ。
菊花賞3着、中京記念2着と来たここで1番人気5着。
3歳時は毎日杯の1勝のみで皐月賞9着、ダービー8着。
善戦しても勝ちきれないタイプだった。そんな例外もあるが、
1番人気は勝率6割、複勝率9割と高確率で信頼度は高い。
ローテーションは各馬様々だから次走も含めた判断が必要。
不思議と前走1着でここも勝って連勝という馬は皆無。
また次走は天皇賞・春へ向かうのが王道で、
以前は好成績を残した馬の多くが実践していた。
しかし近年は3200mという本格的な長距離戦を避けて、
海外遠征、間隔を空けて安田記念や宝塚記念へ向かう馬も
出てきている。
いずれにしろGI級の馬が集うここで大波乱が起きるケースは少ない。

青葉賞を深読み

サンデー系が8勝と他を圧倒
極端な紛れは少ない東京芝2400m。
そういうコースでは総合能力に長けたSS系の
独壇場となる。
過去10年の勝ち馬の父はSS系がサンデーサイレンスの
直仔3勝も含めて計8勝と他を圧倒。
残り2勝はロベルト系のシンボリクリスエズと
タニノギムレット。
遡ればヘイルトゥリーズンに辿り着く同系統だ。
直近3年の勝ち馬はいずれもSS系XND系。
11、12年は1~3着すべてがこの配合。
今の日本競馬のクラシックディスタンスの王道配合だ。
しかし13年2着のアポロソニックはノーザンダンサーは
濃い近親配合。
SS系全盛の中でもNDの血は主張している。
基本はSS系XND系またはSS系×口ベルト系の
先端配合産駒によるレースだ。
世界の超一流GIである英ダービー、凱旋門賞、
キングジョージは2400mのクラシックディスタンス。
2400mの一流レースを勝つには、タフな底力は
無論だが、マイルや10ハロンでも勝てるだけの
スピードが重要。
2200mや2500mの非根幹距離に実績のある馬より
1600mと2000mに勝ち鞍のある馬を狙う。
1~3番人気で勝率8割。
アタマは人気3頭でほぼ大丈夫という数字だが、
例外が13年ヒラボクディープ(7番人気)
と11年ウインバリアシオン(6番人気)と、
直近に出ていることが少し気になる。
いずれにしろ1着が3番人気以内で収まっても
2、3着には人気薄が入ることもあり、
3連単配当はむしろ高配当が多い。
13年が約43万円、11年が7万円超と、1着が
人気薄だったケースは納得も、12年は1着1番
人気で約19万円。
07、08年は2、3番人気1着で約6万円。
07年は3番人気1着で約60万円と、3連単目線では
十分に荒れるレースと言える。
その高配当のレースで2、3着にどんな馬が来ているか
を見ると12年は10番人気(前走500万下1着)と
13番人気(前走500万下4着)。
データを見ても500万下組の激走がポイントとなる
ケースが多い12年10番人気2着のエタンダール。
前6走のうち5走で上3Fが3着以内。
そしてここが東京競馬場の初走。

アンタレスSを深読み

スペシャルウィークとミスプロ系を狙え
過去10年の同レース種牡馬ランキング、芝では圧倒的優位を保つ
SS系だが、ここではスペシャルウィークの2勝のみ。
同系統のロベルト系ブライアンズタイムも2勝。
他はミスタープロスベクター系がズラリと並ぶ。
キンググローリアス、フサイチペガサス、アグネスデジタル、
ウォーエンブレムなど。同系キングマンボ産駒
キングカメハメハも1勝。
近年のダート重賞の拡充のおかげで、一昔前と
比べるとダート馬の活躍場所は格段に増えている。
特に全国各地で毎週のように開催される交流重賞は
JRA所属馬の稼ぎ場だ。
圧倒的スピードで地元馬に影すら踏ませない。
快足血統十ダート適性。
これを基本とした配合の進化で、日本のダート競馬は
進化しているようだ。
世界的なダートの主要GIレースである
ケンタッキーダービー、BCクラシックや
ドバイワールドカップ(AW)は根幹距離である
10ハロン(2000m)で開催するので、1800mは少し短い。
芝では「1800mは展開入らず」という格言があるように
10ハロンは持たない馬がガーツと思い切って
走れる距離でダートも同じ。
10年以前は京都で施行されていたレース。
11年から阪神に場所が移つたが、時期、距離とも
変わらないため、同条件とみなして分析していこう。
まず人気分析。1着は5番人気以内で9勝。
例外は08年ワンダースピードで7番人気。
この年は7→8→5番人気決着で3連単は
50万円超え。
10年に一度こうした現象が起きる可能性も
ある。
一方で3着内が1~3番人気で決まったケースが
06、07、11、13年と10回中4回も発生しているから、
どちらかと言えば堅いレースだ。
高配当になる2パターンは、人気サイド2頭十残り
1頭に人気薄が入るケースと、人気2番手グループ
(5~9番人気あたり)で3着内を独占するケース。
12年は1→11→3番人気で3連単は10万円を超えた。
2着アイファーソングが逃げ粘った。
このレース「逃げ」の連対確率は30%と高い。
12年11番人気2着のアイファーソング。阪神ダート1800mは
未勝利。1600万円以下戦は4番手で7着。

アイビスサマーダッシュを深読み

父サンデー系は思い切って消し!
サンデー系がとにかく弱い。
過去10年で父サンデー系の勝利は無く、
母父サンデー系も昨年のパドトロワが初。
前はスピードの持続力とパワーに溢れる
ノーザンダンサー系が主流だったが、
近年は傾向が変わって来ている。
06年から施行時期が1ヶ月早まり、
荒れた芝から綺麗な芝でレースが
行われるようになり、
パワーがなくともスピードで
押し切れるようになった。
特に優れたスピードを持つミスプロ系の
血を持つ馬が昨年まで6連勝中だ。
サクラバクシンオー産駒はカノヤザクラが
連覇しており牝馬なら狙い目。
ファルブラヴ産駒はエーシンヴァーゴウが
2年連続、昨年はフォーエバーマークが2着に
来ており爆注種牡馬だ。
4コーナー奥からスタートし、そのまま
まっすぐににゴールを目指していく独特の
コース。
1000mはスプリント戦とはいえ、根幹距離の
1200mとは異質の適性が求められる。
そのため1200mの実績があっでも、1000mで
実力を発揮できない馬は多く、逆に1200mの
実績がなくても1000mのスペシャリストも
存在する。
「外枠有利、牝馬が優勢」はもはや直線1000mの
常識。
05~11年まで7年連続で牝馬が勝利。
12年は2着だけだが、昨年は2着、3着が
牝馬なので、まずは牝馬に注目すべし。
また過去10年で7枠、8枠が来なかったのは
2回だけ。
12年は8枠-8枠の枠連ソロ目。
近年は1着、3着が7枠たった。
オープン実績は不可欠で連対馬20頭中、
11頭が芝1200m以下のオープンで勝利、
4頭は芝1200m以下のオープンで2着経験があり、
全くオープン実績のない馬は3頭だけだった。
「7枠、8枠」「牝馬」「ミスプロ系」
「ファルブラヴ産駒」「サンデー系は消し」
が最重要ポイント。
逃げが【4・3・1】、
先行が【2・3・5】で
逃げ。
先行タイプが圧倒的に有利なレース。
しかし人気薄で激走するのは差し、追い込み型。
人気馬は先行、人気薄は差しを狙ってみよう。
過去1O年で6番人気以下で馬券になつた馬は11頭。
これら爆穴馬の共通項は「1枠、2枠」「7枠、8枠」
の極端な枠順、脚質は「差し、追い込み」
「短距離オ―プン2勝の実績がある。